累計では500万台も売れているそうです

マウンテンバイクのスポーツって、イメージできますか。社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)の調査では、国内での年間販売数が30〜60万台程度、累計では500万台も売れているそうです。その数字が物語っているように、競技者だけでなく、一般の方たちには、娯楽という生涯スポーツとしてマウンテンバイク(MTB)を楽しむ人が増えてきているのです。



マウンテンバイク(MTB)は、荒野・山岳地帯での走行を想定して作られているため、耐衝撃性が高く、軽量に作られている上、安定した走行ができます。そのため、とても扱いやすく、さまざまな方に利用されています。カラダの中でも、大きな筋肉である太もも(大腿筋=だいたいきん)の筋力トレーニングにもなるので、基礎代謝量がアップし、太りにくいカラダ作りにも効果があります。



マウンテンバイク等安全基準という耐衝撃性などの安全性の基準が社団法人自転車協会(BicycleAssociation)で定められていますが、1980年代後半のマウンテンバイク以来、発売されている低価格帯のものは、『MTB類形車』と呼ばれ、一般道以外での走行が禁止されています。



悪路での走行が禁止されているとはいえ、『MTB類形車』は、マウンテンバイク(MTB)をモデルにした自転車です。一般道での利用に関しては、その耐衝撃性と軽量感、安定走行は、十分です。とても扱いやすく、太りにくいカラダ作りにも効果的。さまざまな場面での利用をとおして、マウンテンバイクを楽しんでみてください。




この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45022156

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。