どこでも乗れるのが魅力

マウンテンバイクとスポーツといえば、思いつくのはレースくらいでしょうか。日本国内で年間30〜60万台、累計では500万台ものマウンテンバイク(MTB)が販売されているそうです。(社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)調べ)プロのアスリートだけでなく、一般の方でもマウンテンバイク(MTB)を娯楽という生涯スポーツとして楽しむ人が増えてきている証拠です。



さまざまな状況でも安定した走りができるように設計されたマウンテンバイク(MTB)は、衝撃に強いだけでなく軽い。そのため、初心者にも扱いやすいため、どこでも乗れるのが魅力です。しかも、太りにくいカラダ作りにも一役かってくれます。というのも、カラダの中でも大きな筋肉である大腿筋(だいたいきん=太もも)を鍛えられるので、基礎代謝量が上がり、脂肪燃焼効果が向上するためです。



マウンテンバイク(MTB)には、マウンテンバイク等安全基準と呼ばれる耐衝撃性をはじめとした安全基準が社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)で定められています。しかし、1980年代後半のマウンテンバイクブーム以来、一般的によく利用されているマウンテンバイク(MTB)は、『MTB類形車』と呼ばれるものがほとんどで、悪路や荒れ地での走行は禁止されていますので、注意してください。




一般道以外での走行が禁止されている『MTB類形車』でも、悪路走行を目的としてマウンテンバイク(MTB)がモデルである以上、その耐衝撃性・軽量・安定走行は、とても快適です。基礎代謝量をあげてくれる健康増進効果もあるので、いろんな場面で、マウンテンバイクを楽しんでみてください。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。