マウンテンバイクで太りにくいカラダになる

マウンテンバイクをスポーツとして楽しむ。そんな方が増えています。社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)の調査によると、日本国内では年間30〜60万台もの販売数があり、累計では500万台以上ものマウンテンバイク(MTB)が利用されているのが、なによりの証拠です。プロアスリートは競技として、一般の方にとっては、レクリエーションとして。まさに生涯スポーツといえるでしょう。



耐衝撃性が高く、安定した走行ができ、しかも軽い。悪路での走行を目的として設計されたマウンテンバイク(MTB)は、だれにでも扱いやすく、乗りやすいです。自転車を漕ぐ運動は、太ももの筋肉(大腿筋=だいたいきん)の発達に効果があります。カラダの中でも大きな筋肉を鍛えられるということは、基礎代謝量がアップするため、脂肪燃焼がしやすくなり、太りにくいカラダになるということです。


マウンテンバイク(MTB)の安全性を保証するため、社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)では、マウンテンバイク等安全基準を定めていますが、1980年代後半のマウンテンバイクブーム以来、『MTB類形車』と呼ばれるものが一般に普及されています。『MTB類形車』は、マウンテンバイク等安全基準に沿った正式なマウンテンバイク(MTB)と違い、悪路での走行が禁止されています。



マウンテンバイク(MTB)をモデルとした『MTB類形車』は、悪路での走行が禁止されているとはいえ、一般道での利用に関しては、その耐衝撃性や軽量、安定走行は、問題ありません。さまざま場面で、さまざまな楽しみ方ができるマウンテンバイク。健康増進効果もあることだし、いろんなところで、楽しんでみてはどうでしょうか。


この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45854532

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 19:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。